房総半島(千葉県)南部の鴨川温泉、小湊温泉、勝浦温泉、養老温泉、館山温泉、南房総白浜温泉、千倉温泉などの人気おすすめ温泉宿・旅館・ホテルをご紹介!露天風呂付き部屋や貸切風呂、食事がおいしい、宿泊が1万円以下で格安、海が見えるなど赤ちゃん子連れ家族旅行、ひとり旅にいい房総・外房の宿。年末年始や夏休み、春休み、GW等に、どうぞ。

最新ニュース

房総半島の「道の駅」を巡る旅!温泉の行きかえりに、ドライブにおすすめ!

今、人気の「道の駅」。房総半島にもいくつかありますが、「道の駅」の達人・柴田敬介さんがおすすめする、南房総半島の「道の駅」3つを巡る厳選おすすめコースを紹介します。(2017年9月15日にNHKの番組「ごごなま」で紹介していたコースです)

その3つの特徴的な「道の駅」とは、『道の駅 ちくら潮風王国』『道の駅 とみうら枇杷倶楽部』『道の駅 保田小学校』。

東京方面から一番遠いのが、房総半島のほぼ先端にある「道の駅 ちくら潮風王国」で車で約2時間ぐらいかかります。そして、そこから東京方面に向かって車で30分ほど戻ると、「道の駅 とみうら枇杷倶楽部」、さらに30分ほど戻ると「道の駅 保田小学校」に行けます。

道の駅マップ3.png

◆「道の駅 ちくら潮風王国」(千葉県南房総市千倉町千田1051)・・・
房総半島の海の幸がたっぷり味わえるところ。「海市場ちくら」始めいろいろなショップで、地元の漁港で水揚げされた鮮魚やアワビ、サザエ、伊勢海老や干物などが購入でき、レストランでは太平洋を望む絶景を眺めながら、海の幸を食べられます。

特におすすめグルメは、伊勢海老丸ごと1匹とサザエ・アワビなど10種類以上の海鮮が乗った海鮮丼の「王様丼」。1日限定20食なので朝イチに行ったほうがいいとのことです。


◆「道の駅 とみうら枇杷倶楽部」(千葉県南房総市富浦町青木123-1)・・・
南房総は枇杷の日本二大産地のひとつで、その南房総の中でも富浦町は代表的な産地。それを活かして、房州びわを使ったスイーツが通年、100種類以上あります!びわジュース、びわムース&ゼリー、びわソフトクリームなど、普段あまり食べられないスイーツを味わえますよ。

びわ狩りは5月上旬~6月下旬ごろ。春は菜の花畑が目の前で、イチゴ狩りもできます。


◆「道の駅 保田小学校」(千葉県安房郡鋸南町保田724)・・・
小学校の校舎をリニューアルして出来た「道の駅」。体育館が特産品市場になっていて、食堂ではコッペパンやアジフライといったなつかしの給食が味わえます。

どんぐりアート教室など、体験教室も充実し、パフォーマーによる大道芸もあったりします。とてもユニークなのは、教室を改装して宿泊施設にしているところ。大人一泊4000円(2~4名の部屋)で泊まれます!朝はラジオ体操もやっています。


3つの「道の駅」を巡っても、どこかひとつだけでも、楽しいドライブができそうですね!


東京ドイツ村のウィンター・イルミネーション(冬~春)は、一大観光スポット!

千葉県袖ケ浦市にある「東京ドイツ村」。
「自然と人が共に過ごせる」場所がコンセプトの、芝生の丘を中心に池やこども動物園、フラワーガーデン、観覧車やジェットコースターなどのアトラクションなどがある施設ですが、その広大な広場やガーデンで毎冬から翌春にかけて「ウィンター・イルミネーション」をやっています。

doitsu1.png

点灯期間は冬から3月まで。南房総への温泉旅行の帰りに寄ってみるのもいいですね。

東京ドーム19個分の広大な場所で見られるスケールあるイルミネーションは、その規模の大きさと素晴らしさから、南房総で最大級のイルミネーションであるばかりか、夜景観光コンベンション・ビューローが認定する「関東三大イルミネーション」のひとつ。2007年から始まり、毎年多くの人が訪れています。

250万個以上の電球を使用というスケールもさながら、数々の演出や仕掛けが素晴らしいのが特徴。2015年~2016年は、「おもちゃ箱~Kira★Kira★Smile~」というテーマで、各エリアで見た人が笑顔になる仕掛けや演出がたくさん!毎年見られる定番の他に、今年だけのイルミネーションもたくさんあります。

園内の観覧車に乗ると、この素晴らしいイルミネーションが展望できます!いつも乗車するのに行列ができているので、時間がかかることは覚悟しないといけないですが!この観覧車も3色に飾られていて、とってもキュート。観覧車からは、遠くに横浜まで見ることができます。

・園内は広大なため、マイカーの入園ができ、小さい子どもや高齢の方も安心。
・園内の食事処には、レストラン(テラス付きカフェテリア)があります。

東京ドイツ村のイルミネーション

◆レインボートンネル(定番)

これは、国内で初めての7色をつかった光のトンネルですが、毎年進化をとげています。トンネルの分岐点や、中から見られる風景は今年ならではのもの。このトンネルを歩くだけでも、ワクワクします。

doitsu2.png

◆マルクトプラッツ広場「光と音のショー」(定番)

五感で楽しむイルミネーションショー。音楽とともに、イルミネーションやレーザーが光り輝き、やがて壁面にあらわれたキャラクターが歌いだします。そして、大空に舞う光のシャボン玉を割ると、一面甘い香りに包まれます。全身で楽しめるファンタジックでマジカルなイルミネーション・ショーは、絶対体験したいですね。

◆3Dイルミネーション

てづくり木道などの全てを使って、3Dイルミネーションが、まるで飛び出す絵本のように展開されます。実際に光の中を巡ってみると、まるで絵本の中に入った気分になれますよ。園内にある「見晴らし台」から、3Dイルミネーションの全体が観賞可能です。

◆光の絵本

3Dイルミネーションのそばにありますが、こちらは3Dではなく地上を飾る光。可愛いお家や動物のモチーフが光で飾られていて、素敵です。絵本の中には、新作のトリックアートもあります。

◆こどもイルミネーション

わんぱく広場のあたり。ハッピーバードやあひる、モアイ、キノコなどがイルミネーションで創られ、その可愛らしさに思わず胸キュン!

<東京ドイツ村・ウィンターイルミネーションのデータ>
期間:2015年11月7日(土)~2016年3月31日(木)
点灯時間:16:00~20:00
料金:15時以降は、乗用車1台2000円/徒歩の場合4歳以上ひとり500円

住所:千葉県袖ケ浦市永吉419
電話:0438-60-5511
営業時間:9:30~20:00(最終入園は19:30)
定休日:なし
HP: http://t-doitsumura.co.jp


小湊鉄道の車内でイベント!「婚活列車」「歌声列車」「懐石列車」

小湊鐵道とは、内房線(千葉県)の五井駅~上総中野駅まで、39.1kmの路線。上総中野駅のひとつ手前が、紅葉などで人気のあるスポット「養老渓谷」へ行く養老渓谷駅です。

五井駅は千葉県市原市にあり、利用者も1日平均1300人ぐらいある駅ですが、そこを出発すると、田畑や山々の見えるのどかな田園風景が広がります。そして各駅は木造の駅舎で、無人駅では車掌さんが降りて切符を受取るという、とてもローカル色の濃い人情味のある路線。この小湊鉄道を走るいつもの列車に、一両だけ増結し、その中でいろいろなイベントが開かれています。

kominatotetsudo2014.png

例えば、婚活列車。小湊鉄道と市原市による企画で、五井駅から養老渓谷駅を往復します。行きの車中で挨拶や会話などをし、養老渓谷で降りてバーベキューや散策をし、帰りの車中でカップル発表という手順。ある日の婚活列車では、4組のカップルができたそうです。

また、歌声列車というのも年に6-7回あります。五井駅~上総中野駅の往復約2時間半を、中高年の人たちが2台のアコーディオン演奏に合わせて懐メロを歌いまくります。料金は大人2300円で、往復乗車券と歌集代が含まれています。車窓から見えるのどかな風景が昔の歌とあっていて懐かしい気分を共有できると人気です。

また、車中で懐石料理をいただく懐石列車もあります。紅葉の時期などはとても人気で、月3回の列車が満席になります。

これらの詳しい情報は、小湊鉄道株式会社のHPに掲載されています。房総半島への温泉旅行のついでに、参加してみるのもいいですね。




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
公演情報